サイドメニュー

外部リンク

コラム

「教えることは学ぶこと」

道場     豊能支部では大人も子供も少し基本を身に付けると、
  積極的に後進の指導を行うようにしている。

    「ちょっと基本を覚えた程度の者に指導させるのは危険!」
  という意見を聞くこともあり、確かにデメリットもあるのだが、
  それでも概ねメリットの方が大きいように思う。
  今までの体験から、そう強く思うのである。

    私自身、10年以上前になるが、初めて指導する時に思ったものだ。
  「私のような未熟者に他者を指導できるだろうか?」おこがましいという思いが強かった。

    誤って伝えること、自己流で本筋を曲げてしまわないか?
  確かにそういう不安は大きかったと思う。

    ところがある時気付いた事だが、人に物事を伝えるには教わったことを
  そのまま伝えるだけでなく、自分自身で「なぜそうするのか?」を考え始めるものだ。
  空手の動きには普段生活で使わない筋力や姿勢があり、そもそもなぜそんな姿勢を
  とる必要があるのだろうか?などと。

    それまで考えて体を動かした事など無かったり、訳もわからず
  言われるがまま行っていた動作についても、「これは何だ?どういう意味か?」
  自分で考える事が生まれてくる。

    稽古に対する姿勢や取り組む勢いも当然変わってくる。
  今までは言われた通り動いていただけだったが、後輩を教えるとなると、
  後輩の手前いい加減な振る舞いはできないし、恥ずかしい。

    もちろん手放しで子供たちに指導を任せるような事はできないが、
  我々指導員が指導振りをチェックしながら進めていると、
  概ね良い結果が生まれているのは事実である。

    子供達の中には、妙に教えるのが上手な子がいる。
  それは普段の生活でも良き姉や兄の場合や、兄弟がいないのにも関わらず、
  面倒見の良い子など。たぶん家庭での家族の関係が影響しているものと想像する。

    大人でも同様に、本人も気付かない埋もれていた才能とでもいえるような、
  指導上手も現れる。その場合は指導することにより大きく上達する。

    ひとつの懸念はうぬぼれが生じることである。
  実は恥かしながら私自身がそうであった。
  道場を持つことで自分が偉くなったように思える時があった。
  大した実力もなく未熟なまま、それこそ講釈だけは達者になり、自分の稽古が疎かに・・・。

    こういう弊害が最も悪いのだが、幸いにも私には鬼より怖いと恐れられる!
  師範達がおられ「お前はダメだ!」「もっと稽古に精を出せ!」
  ・・・と厳しく指導して下さった。
  お陰様で高慢の鼻は見事に折れ尽し、真摯に向き合う事ができるようになった。

    これは自戒として今も堅持しているのだが、指導とは稽古の一部であり、
  やはり稽古は自分自身を鍛え伸ばし、成長させるものだと。
  松涛連盟の指導者達は、本当に感心するほど稽古熱心であり、それがかなり高齢の方でも例外なく。

    先にも述べたが大阪の師範方も、「鬼より恐い!」というのは、
  指導者自身の稽古が半端じゃない!教える以上に稽古に精を出し自身を鍛えることを怠らない。
  この姿勢は学ばねばならないものだ。

    自分の稽古の一環に「教えること」があるのだと思う。
  教えながら学び、学びながら教える。稽古で得られることは大きいものだと改めて思う。


Copyright 2012 NPO法人日本空手松涛連盟大阪府本部豊能支部 All rights reserved.